ニットリバイブ|セーター修理、ニット修理、カシミアセーター修理、セーター虫食い修理、ニットカーデガン修理、虫食い修理

ニット穴修理について

a:1580 t:3 y:1

ニット穴修理について

収納している中に潜む虫!特に放っておくとカシミヤのような高級ニットを好んで食べられてしまいます。特に、食ベ残しのシミなど、虫食いの原因として1番に挙げられます。

シーズンオフのケア・保管方法は最善の注意を払ってください。また、引っ掛けによる糸切れ・糸引け、衿・袖口のリンキング外れなどは、ニット製品では当たり前に発生します。思い出の品である大切な洋服です。まだまだ捨てるにはもったいないです!ぜひ、お気軽にご相談下さい。ご予算に応じた修整を提供させていただきます。

ニットの穴補修は、編み落ちの目数に対する補修目数など、熟練の仕上がりレベルに差が大きく出ます。正直にお話しすれば、技術者の経験・繊細さで大きな差がわかる修理になります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional